息子について

      2017/12/13

娘と2歳差で生まれた息子は、歩けるようになると娘とは全然違う動き方をしました。

男の子だからだろう、とおもったのですが買い物中にはすぐどこかへ行ってしまうわ、手をつないでないと飛び出すわでとても大変でした。

娘が幼稚園に行くようになるとお迎えの後、園庭で遊んでいても自分より5歳くらい上の男の子を平気で泣かせてしまったり…。

娘の友達でも女の子だとよくケンカをして泣かせていました。

幼稚園くらいまでは、どうしても言葉より先に手足が出てしまい友達とよくもめていました。

興奮するとかーっとなってしまって、いけないとおもっても自分で抑えられないんだと言っていました。

小学校でも立ち歩いたりはしませんでしたが、飽きてくると手遊びをしたり文房具をいじったりして集中力が切れてしまいます。

興味のあることだと率先してやったりみんなの見本になったりもできます。

1歳の頃には発達障害の事はあまりしりませんでしたが、この子は多動だろうと思っていました。

幼稚園の先生には何度も相談しましたが、キリスト教幼稚園で比較的自由な校風だったので「年齢が上がるごとに出来る事も増えてるし大丈夫!!」と言われやんちゃな子なのかなあと思っていました。

その頃、娘が小学校で気になる事が出てきたので息子が1年生になったところで学校からの勧めもあり診断に至りました。思った通りのADHDでした。

 

幼稚園、小学校、中学校と年齢が進むにつれ、多動より衝動性が強いのがよくわかりました。

集中力に関しては、やはり興味のあることは時間を忘れて集中するけど、興味のないことは一切しません。過度に集中しすぎると、その後電池切れ状態になってしまいます。

そして10歳頃から周りとの違いに本人も気が付いてきたのか、友達とのコミュニケーションに悩むようになり、このあたりから自閉症スペクトラムと診断名も変わりました。

転校もあったからか、不登校にもなりました。薬もいくつか飲んでいた時もあります。(本人の希望で)

現在、中1で不登校&反抗期真っ最中ですが、ちょっとずつですが周りの意見を聞いたり、自分を観察してみたり、将来のことを考えたりできるようになってきました。

 

 

The following two tabs change content below.

Emma

名前:Emma☆衣麻(本名:藤田麻衣子) 職業:片づけ&発達障害暮らしサポーター。過去11回の引っ越し経験から整理収納を学び、フリーランスの整理収納インストラクターとして活動を開始。その後、発達障害の家族との関わりを通して、発達障害住環境サポーターになる。現在は、自身の経験を活かして発達障害・グレーゾーンの方向けに心とからだと住まいを整えて生きやすくなる方法などを提供している。

最新記事 by Emma (全て見る)

 - 家族, 未分類